外国為替取引の基本「FX」のニュアンスをつかむ

外国為替取引の基本「FX」のニュアンスをつかむ

投資がより身近になった立役者と言えば「FX」になります。
FXは正式名称が「margin Foreign eXchange trading」。
これは「外国為替証拠金取引」という意味です。
株が企業の株券を売買して利益を生む投資法だとすれば、FXは外国通貨を売買して利益を生み出す投資法になります。

FXの人気が爆発したのは、インターネットで気軽に自宅で投資できるという理由が一番です。
しかしその気軽さとの他に、より簡単なルール、そして少ない資金で投資ができるという点にあります。
かんたんと言えばバイナリーオプションもそういう打ち出し方ですが、「株よりも簡単、バイナリーオプションよりも難しい」こんな感じでしょうか。

それでは、外国為替証拠金取引(FX)とはどんなものなのか。
海外旅行をする際、円をドルに換えると思います。
その時点で為替レートが「1ドル=100円」だとすれば、10万円分を換金すれば1000ドルになります。
そして旅行から帰国した際、為替レートが「1ドル=120円」になっていたとすれば、1000ドルを換金し12万円が戻ってきます。

為替レートが変わり、2万円の利益が出ているのがわかりますか??

このように、為替レートの変動を予測して外国為替を売買するのが外国為替証拠金取引というものです。
これはFXの特徴ですが、利益の出し方はバイナリーオプションと全く同じ仕組みです。

「株」のニュアンスをつかむ

copyright(C)堅実バイナリー